お金貯蓄方法について

私は去年の夏で近所に勤務していた会計事務所をやめました。その仕事をやりながら実はネットで
アクセサリーの販売と占いの仕事をしていました。
そのアクセサリーは、売れたときは売り上げをすべて貯蓄していました。
占いもものを売る仕事ではなかったですが、メールで鑑定していましたので、1件3000円とかの料金をいただいていました。その売り上げもすべて貯蓄していました。
私は、お酒もタバコもやらないのであまりお金を使う人ではありません。
それに、会計事務所をやめてからというもの、ネットでライターの副業を始めたのです。
コラムを書いたりブログを書くのが仕事です。毎日時間を決めてやっています。
この副業ですが、予想以上に書くことができるんです。今では月に4万ほどの報酬金をいただいていますよ。これもすべて貯蓄しています。
あと大きいのは、郵貯銀行に預金している利息が結構つくのです。これも貯蓄といえば貯蓄です。
毎日の夕飯の買い物もスーパーで安く買うようにしてます。食費が浮けば貯蓄します。ライターをやりだしてキャッシングのことを書くのですが、即日振込を本当にできるのか気になったのである業者を申込みをして実際に即日振込をしてもらえたので、自信をもって即日振込に関しては書いてます。ちなみに即日振込をしてもらったお金は翌日全額返しました。

主婦をやっていますがこの前キャッシングを利用しました

結婚して6年くらいになります。
もともと働いていましたが、今は会社を辞めて主婦をやっています。育児もひと段落して暇なのでパートを始めました。夫の収入も上がらず、今年はとうとうバーナスカットされてしまいました。子供のこともありますから、収入減は困ります。

子供が小学校に上がる時にキャッシングを利用しました。義務教育なのに思った以上のお金がかかりました。特に制服や電車通学になりそうなのでその費用や教材費などが思った以上かかりました。月末の一番厳しい時に10万円は支払えませんからキャッシングを利用しました。

主婦がお金を借りる上で一番問題になってくるのは「総量規制」です。これは「年収の3分の1以上の新たに借り入れをすることができない」ということです。この法律は収入がなかったり、少ない主婦にとって大問題になってきます。

私の場合はパート収入があります。多くはありませんが30万円以上の収入があれば10万円の借り入れができるということです。実際30万円以上の収入はありました。と言うよりもお金を借りるために必死で収入を増やしました。

ちなみにお金を借りることは夫には言っていません。なぜならこれ以上追い詰めたくないからです。ボーナスが下がり、一番落ち込んでいたのは夫でしたから、この上に「生活費が足りない」とは言えません。ですから夫には言わずに内緒でお金を借りて内緒でお金を返す必要がありました。

「主婦」と言うワードはキャッシングをする上で常にネガティブです。学生と同列に比べられますが、学生の場合は大抵の場合アルバイトをしています。しかし主婦は働きたくても働けない場合があります。そして現状は収入がなければお金は借りられないと言っても過言ではありません。

主婦がお金を借りる場合は収入があることが重要です。パート収入だけでなくインターネット上の副業や内職など働き方は関係なく、「収入がある」ことが重要です。
収入証明などが必要になる場合もありますから会社によっては対応が変わってきます。30万円以上の収入が一つの目安になります。

WordPress Themes